第48回日本動脈硬化学会総会・学術集会

査読

査読期間

査読は終了しました。ご協力ありがとうございました。

締め切り直前はアクセスが集中し、回線が混雑することにより査読結果の登録に支障をきたすことも予想されますので、余裕を持ってご登録いただくことをお奨めいたします。

審査基準

演題の審査は下記の審査基準に基づいて行ってください。
各評価(配点)の割合は特に規定いたしません(査読委員への担当演題の配分にあたり、それぞれの担当演題に全てのレベルを含めて均等に配分することは不可能なため)。

評価 内容
5 非常に優れている
(是非採択する)
4 優れている
(採択する)
3 平均的である
(通常採択する)
2 やや劣っている
(余裕があれば採択する)
1 劣っている
(通常採択しない)

※倫理的な問題のために不採択とすべきであるとお考えの場合には、「コメント入力欄」にその旨をご入力くださいますようお願いいたします。

査読方法

査読は全てオンライン登録となります。
本オンライン査読システムにて使用できるブラウザは以下の通りです。

  • Internet Explorer
  • Safari(Ver.2.0.3(417.9.2)以降)
  • FireFox
  • Google Chrome

※オンライン査読には、登録UMIN IDおよびパスワードが必要となります。
※登録UMIN IDは個別にご送付したご案内に記載しております

査読の手順

  1. 査読画面へアクセスする
    このページ下部にある「査読画面」ボタンをクリックしてください。
    入力ダイアログが表示されますので、ユーザー名欄に登録UMIN IDを、パスワード欄にご自身のパスワードをご入力ください
    入力ダイアログのユーザー名は、ブラウザによって「名前」と表示されます。
  2. オンライン査読画面を開き、名前を確認する
    入力ダイアログのOKをクリックするとオンライン査読用ページが開き、先生の担当演題一覧が表示されます。
    入力ダイアログのOKは、ブラウザによって「ログイン」と表示されます。
    画面左上の「利用者名」に、先生のお名前(UMINに登録の氏名)が表示されていることを確認してください。
  3. 抄録本文・評価入力欄・コメント入力欄を表示し、評価を入力する
    オンライン査読画面の担当演題一覧にある演題名をクリックすると、抄録本文と評価入力欄、コメント入力欄が表示されます。
    担当演題を査読いただき、評価入力欄(点数のボタン)に評価を入力し、更新ボタンをクリックしてください。コメントがある場合には、全角200文字以内で「コメント入力欄」に入力し、更新ボタンをクリックしてください。
    更新ボタンをクリックすることによって評価・コメントが登録されます。クリックされないと登録されませんのでご注意ください。
    評価は、担当演題一覧の「新評価」欄のプルダウンから選択して、更新ボタンをクリックすることでも入力可能です。
  4. 次の演題を査読、評価を入力する
    次の演題を査読するには、「担当演題一覧に戻る」をクリックして、担当演題一覧を表示し、同じ手順で評価を入力してください。
    この際、ブラウザの「戻る」機能を使用しないでください。
  5. 入力した評価を確認する
    ご入力された評価は、担当演題一覧が表示される画面の「最終評価」欄に表示されます。
    ご入力された評価が誤りなく表示されていることをご確認ください。

ご案内・注意事項

評価の更新・変更のご案内

評価は査読期間中、何度でも更新することができます。
査読期間終了時点の「最終評価」欄の評価(点数)を査読結果とさせていただきます。

担当演題の抄録本文を一括表示(印刷)する方法のご案内

担当演題の抄録本文を一括表示(印刷)することも可能です。
担当演題一覧が表示される画面の表の下部の説明にしたがって、該当部分をクリックしてください。担当演題の抄録本文が全て表示されます。

この方法で一括表示された画面を印刷した後、紙面上で査読をしていただき、再度査読画面にアクセスしていただいて、担当演題一覧の「新評価」欄に評価を入力いただくことも可能です。「新評価」欄のプルダウンから評価を選択後、更新ボタンを必ずクリックしてください。

ご注意

共用のPCをお使いの場合、パスワード等は保存せず、操作後には必ずブラウザを終了する等、査読者の責任においての厳重なセキュリティー管理をお願いいたします

査読画面

査読は終了しました。

※暗号通信の推奨と平文通信の使用について

  1. 平文通信は施設やプロバイダーなどの設定や環境に問題があり、暗号通信が使えない場合に限ってご利用ください。なお、平文通信をクリックしても、再度、暗号通信を推奨するUMINの画面が表示されます。
  2. インターネットでやり取りされる情報は、情報の通り道になった施設の人に盗聴され、登録番号やパスワードを見られてしまう可能性があります。その場合、盗聴した人の悪意で抄録が改竄されたり、知らないうちに削除されたりということが起こり得ます。それ故、データを暗号化し、通信する「暗号通信」を推奨いたします。

査読に関するお問い合わせ

第48回日本動脈硬化学会総会・学術集会 運営事務局
アクセスブレイン
〒113-0034 東京都文京区湯島3-31-5 YUSHIMA3315ビル3F
TEL:03-3839-5037 FAX:03-3839-5035
E-mail:jas48@accessbrain.co.jp

このサイトについて|Copyright © 2015-2016 第48回日本動脈硬化学会総会・学術集会 All Rights Reserved.