第29回日本総合病院精神医学会学術総会

利益相反(COI)について

平成25年11月29日より施行された「一般社団法人日本総合病院精神医学会総合病院精神医学に関わる研究の利益相反に関する規則」により、発表者は利益相反状態の有無にかかわらず利益相反に関する開示を行っていただくことが必要です。
研究成果の公表と普及あるいは啓発活動において、公明性、透明性、独立性を堅持し社会的責務を果たす事を目的とした情報開示ですので、何卒ご協力の程お願い申し上げます。

※詳細は下記にてご確認ください。
一般社団法人日本総合病院精神医学会
総合病院精神医学に関わる研究の利益相反に関する規則
(171KB)

演者は、今回の演題発表に際して、医学研究に関連する企業や営利を目的とした団体との経済的な関係について過去1年間における利益相反(COI)状態の有無を、自己申告していただきます。

事前申告方法手順

演題応募者は、下記「COI自己申告書」に必要事項を記入し、自署でご署名、捺印の上、
2016年10月14日(金曜日)までに下記宛FAXまたはメール添付にてご提出下さい。

「COI自己申告書」ダウンロード(280KB)
「COI自己申告書」ダウンロード(29KB)

<「COI自己申告書」提出先>

第29回日本総合病院精神医学会学術総会運営事務局
〒113-0034 東京都文京区湯島3-31-5 YUSHIMA3315ビル3F
FAX:03-3839-5035
E-mail:jsghp29@accessbrain.co.jp
※COIに関するお問い合わせはE-mailにてお送りください。

当日発表時開示方法

当日は、利益相反状態の有無に関わらず、状況を開示いただきます。
※口演セッションに採用の場合・・・タイトルスライドの後(2枚目)
※ポスターセッションに採用の場合・・・ポスターパネルの右下にて(A4)

発表当日の開示フォーム

■口演セッションで発表の方
スライド2枚目(タイトルスライドの次)に、様式2-Aまたは2-Bを挿入して開示して下さい。

■ポスターセッションで発表の方
ポスターパネルの右下に、A4で様式2-Aまたは2-Bを貼付して開示して下さい。

(様式2-A)
申告すべき利益相反(COI)がない

(様式2-B)
申告すべき利益相反(COI)がある

PDFを閲覧・プリントするには、Adobe Readerが必要です。
最新バージョンのダウンロードをお勧めいたします。
このサイトについて|Copyright © 第29回日本総合病院精神医学会学術総会 All Rights Reserved.