第60回日本平滑筋学会総会

ご挨拶

第60回日本平滑筋学会総会
会長:中田浩二
東京慈恵会医科大学臨床検査医学 教授

 このたび第60回日本平滑筋学会総会会長を拝命させていただくことになり、母校東京慈恵会医科大学での開催に向けてその準備に務めています。

 慈恵医大といたしましては、1969年の第11回総会(大井 実先生、外科学)、1982年の第24回総会(酒井敏夫先生、生理学)、2000年の第42回総会(青木照明先生、外科学)、2012年の第54回総会(羽生信義先生、外科学)が主催され、私が5人目となります。長い歴史を持ち伝統と格式のある日本平滑筋学会の総会を主催させていただくことを大変栄誉に感じ、身が引き締まる思いです。

 第60回総会のテーマは「次世代に繋ぐバトン」としました。研究の支点も変化し、新しいモダリティの活用や多研究領域との融合など研究環境も時代とともに変わってゆきますが、"内臓の筋肉”として人の生命・健康維持の中核を担う平滑筋研究の重要性と意義は今後も変わることはなく、しっかりと次世代の研究者に継承してゆかなければなりません。「次世代に繋ぐバトン 特別講演」として基礎系からは奈良県立医科大学名誉教授の高木 都先生、臨床系からは東北大学名誉教授の本郷道夫先生にご自身の研究者としての体験から、本学会の未来を担う若手研究者への示唆や提言をお伝えいただき、本学会の真髄をしっかりと引き継いでいただきたいと考えています。

 第60回総会では、平滑筋の生理学的な調節機構や疾病・手術による機能障害の病態を明らかにし新たな治療法の開発に発展できるよう、基礎および臨床系研究者による横断的な討論を充実したいと考えています。慈恵医大関係者とともに、有意義な学会を提供できるよう鋭意準備しております。ぜひとも多くの方々にご参集いただき、活発な討議を繰り広げて下さいますよう心よりお願い申し上げます。

2017年12月

第60回日本平滑筋学会総会 開催概要

日時 2018年(平成30年)8月16日(木曜日)~18日(土曜日)
会場 東京慈恵会医科大学 1号館講堂
〒105-8461 東京都港区西新橋3-25-8
TEL:03-3433-1111
会長 中田 浩二(東京慈恵会医科大学 臨床検査医学講座)
テーマ 「次世代へ繋ぐバトン Bequeath the Nature to the Future」

主催事務局

〒201-8601 東京都狛江市和泉本町4-11-1
東京慈恵会医科大学附属第三病院 臨床検査医学講座内
TEL:03-3480-1151 ex 3401 FAX:03-3430-3810
E-mail:jssmr60@jikei.ac.jp

参加登録

準備中

演題募集

一般演題の募集は、2018年4月17日(火曜日)~5月22日(火曜日)締切の予定で準備中でございます。
上記募集期間を参考に演題投稿の準備をしてくださいますようお願い致します。
注1)一般演題の筆頭演者は、日本平滑筋学会の会員に限定されておりますので、非会員の方は入会の手続きをおとり下さい。
(日本平滑筋学会のホームページをご参照下さい。http://www.jssmr.jp/
注2)一般演題は原則一人一題とさせていただきます。

以上よろしくお願いいたします。

日程表・プログラム

準備中

お知らせとお願い

準備中

各種委員会

準備中

アクセス

東京慈恵会医科大学 1号館講堂

〒105-8461 東京都港区西新橋3-25-8
TEL:03-3433-1111
アクセス:http://www.jikei.ac.jp/univ/access_s.html

リンク

日本平滑筋学会

▲ Page Top